Its Hard For Me To Say I'm Sorry(CD)

Its Hard For Me To Say I&

Its Hard For Me To Say I'm Sorry(CD)

  • Low stock - 4 items left
  • Inventory on the way
Regular price ¥2,200
/
発売日:2016-05-25
  • 発送予定日:1~10営業日以内に発送
参考価格です。 送料、関税や諸税を含めた金額はチェックアウトで確定します。

クリスチャン・フェネスと ジム・オルーク、新たな音響の地平を切り拓いた両巨頭による待望のアルバム!!
ノイズ/電子音響に叙情性を投影し、エレクトロニカの永遠の金字塔『エンドレス・サマー』を発表以来、他の追随を許さないFenneszことクリスチャン・フェネス。センチメンタルなギターの旋律を大々的にフィーチャーした優美で繊細なそのサウンドは 、電子音楽というジャンルを超えた世界的な脚光を浴び、ゼロ年代のシーンに多大なる影響を及ぼし、デイヴィッド・シルヴィアンや坂本龍一、YMO、大友良英からマイク・パットンにいたるまで、多岐に渡るアーティストとのコラボレート/ライヴの活躍も目覚ましい。そしてシカゴ音響派のキーパーソンとして注目を集め、音楽史に残る傑作『Eureka』発表以降、Sonic Youthのメンバーとしての活動や、ウィルコのプロデュースでグラミー賞受賞など、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして揺るぎない地位を築き、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュース。近年は東京を活動拠点に多面的なソロワーク、秀逸なプロデュースワークに他バンドへの参加、映画音楽にゆるがない実験性を披露した電子音楽の傑作群、、新しい「知」の探求者として先導者となっているジム・オルーク、共演の待望のアルバム。

1. I Just Want You To Stay
2 .Wouldn't Wanna Be Swept Away
3. Encores(Bonus Track)


【ご購入時の注意事項】
※「通常商品」について、発送予定日が異なる複数の商品を一度にご購入の場合、入荷の遅い商品を待ってからまとめて発送となります。
※ショッピングカート内の商品は、「予約商品」と「通常商品」を同時購入することはできません。また、「予約商品」であっても「商品発売日」が異なる場合も同時に購入することができません。別々にご注文下さい。
※商品数には限りがありますので、在庫がなくなり次第、販売終了とさせていただきます。
※商品画像はイメージです。実際の商品とは多少異なる場合がございますのでご了承ください。
※商品を購入する際の許可や規制、通関のルールは、国・地域によって異なります。必ずご自身でご確認の上、ご購入ください。これらが理由によるキャンセルはご対応しかねますので、予めご了承ください。
※最終の価格はチェックアウト画面でご確認ください。
Recently viewed